FP資格の取得を目指す!

はじめまして。私は分譲物件専門の不動産仲介会社で働くアラサー男子です。
数千万円という生涯でもっとも大きな買い物となる不動産だけに、販売契約を結ぶまでにはお客様と長い期間お付き合いをすることになります。

となると、交わされる会話は不動産単体のみならず家計全体の内容にも及び、時には生損保の保険や車の購入、さらにはお子様の進学について相談されることもしばしば。しかし、不動産以外のことについては門外漢の私は、お客様が必要とする情報を提供できないもどかしさを常に感じていました。

そして先日、テレビを観ているとFP(ファイナンシャルプランナー)という肩書きの方が、支出の削減を中心に住宅ローンや保険の見直し、さらには、お子さんの適切な学資保険の提案をしているではありませんか!

私、閃きました! 考えてみれば物件取得の費用も家計から捻出されるわけです。となれば、その大元である家計に精通してこそ、お客様にとって最適の物件と住宅ローンを提案できるのではないのか。ならば、今の私に必要なのは、FP(ファイナンシャルプランナー)の知識と資格ではないのか、と。

みなさんと一緒にFP資格を勉強しましょう!

その日から私は、FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取得することを決意しました。しかし、初っぱなから躓いてしまいました。何やら日本には、FP技能士とAFP(CFP)という2種類のFP(ファイナンシャルプランナー)資格があり、別々の資格なのに相互が密接に関係している様子なのです。

正直言って、未だどっちを取得すれば良いのかわかりませんし、どうやって取得するのが効率的かもよくわかりません。そこで私、またも閃きました!

日本のFP(ファイナンシャルプランナー)制度から学習法まで、その調査と理解の過程をこのサイトに公開すれば、私の理解促進はもちろん、同じくFP(ファイナンシャルプランナー)資格を目指し、また、同様にどういう取得方法が良いのかわからない皆さんにも理解していただけるのではいか、と。

さっそく、次ページからは日本におけるFP(ファイナンシャルプランナー)制度と資格について、考察していきたいと思います。私同様のFP(ファイナンシャルプランナー)予備軍のみなさん、一緒に勉強していきましょう!

次のページ >>

効率良く効果的にFP資格を取得できる
社会人に最適な学習方法を知りたい方は、
いますコチラをご覧下さい!